FC2ブログ

今日の宮島S様邸の様子

こんにちは。営業事務の渡邉です。

4月中盤に入りました。それでも、まだまだ寒暖差の激しいこの季節

体調を崩されないよう 暖かな春を待っています(o^―^o)ニコ
15日に上棟を終え、3Dになった現場へ行きました。

平面的だった現場が材木の香りで いっぱいでした。



①基礎の上に柱と屋根が!!
DSC_0236.jpg

②ポーチ・玄関っぽくなりました。
DSC_0243.jpg

③キッチンスペース
DSC_0239.jpg

④浴室  お湯用のホースと、お水のホースが見えます。
DSC_0241.jpg





スポンサーサイト

4月10日宮島S様邸の様子

こんにちは。営業事務の渡邉です。

ショールームが定休日だったので、現場を覗きに行ってきました。

近くで写真を撮ろうと、歩いていたら。。。

スボツ!っと、足が地中奥深くまで入ってしまい 雨の中、1人でもがいてました(;^ω^)

道行く人がいなくて 良かったです(笑)

昨日、宮島の現場見てきました。 基礎の上に土台の木材を発見!

いよいよですねぇ~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

雨が続いたので、上棟は来週のお楽しみになりました。

大工さんにお会いできるのを、楽しみにしています(o^―^o)ニコ

DSC_0227.jpg

新年度スタート🌸🌸

こんにちは(o^―^o)ニコ 営業事務の渡邉です。

今日から新年度が始まりましたね。

私の娘も新しい担任が どんな先生なのか気になるらしく、

早い時間に学校に登校しました。

①昨日、宮島の現場に行きましたら 基礎が完成してました!
DSC_0212.jpg

②部屋の配置が分かりますねぇ
DSC_0218.jpg

③基礎を打って下さった 宇佐美さん 有難う御座いました(o*。_。)oペコッ
DSC_0216.jpg

新CMができましたぞ! 

こんにちは!営業事務の大島です♪


みなさん!
お待たせしました!
ついに!
ついについに!

アフターホームの新CMができました~~~!!!!



そう、この日!この日撮ったやつです!
\鬼頭さんカワイイーっ/
そうなんです、アフターホームが新年より動き出して準備をしておりました新しい取り組みであつ
・ローコスト住宅
・太陽光発電搭載
・初期費用ゼロ!

を前面に打ち出したCMになってます。
SBS系列(水戸黄門とかプレバトとかの局ですね)にて
4月5日より旧CMから切り替わり放送される予定ですって!ご覧になられた方ぜひ「見たよ~」とご報告ください♪特に何かお出しできるわけではありませんが大島が喜びます
いや、ほんとにこのCM作るために制作会社さんやSBSさんのいろんな方のお力をお借りしましたからね~!
家にしろCMにしろ、たくさんの人の努力の結晶が良いものをつくるんだなあと改めて実感しました!
制作会社さん、スタッフのみなさん、鬼頭さん!CM作成にかかわってくださった皆さん本当にありがとうございました!!!


「ちょっと待って、アフターホーム太陽光パネル?初期費用ゼロ円で設置??えっ、急に何の話?ローコスト住宅謳ってんのに?」
って思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も昨年末に社長に「太陽光パネルの初期費用ゼロ円設置はじめるよ~」と知らされたときは正直
ファッ!?何を急におっしゃいますか!?」
って思いました。

そのことに関してはまた別のブログでしっかり書かせていただく予定です♪
まずは、心を込めて作りました新しいCM、どうぞ皆さんぜひぜひみてやってください~!!!

もう一回!
放送は4月5日以降順次です!!
SBS系列ですよ~~!!!


☆☆☆☆☆☆☆


(有)アフターホーム


ホームページFacebookインスタグラム も是非ご覧ください(・∀・)


新築・リフォーム・土地探し


お問い合わせはお気軽にどうぞ♪


アフターホームEメール 0120-225-192


静岡県富士市浅間上町20-28 アフターホームビル


☆☆☆☆☆☆☆



源太坂の桜並木

こんにちは(^▽^)/ 営業事務の渡邉です。

今朝、お客様のお宅を訪問した際、源太坂を通りました。

桜並木が続いていて、ほぼ満開でした。やはり日本人は桜が好きですねぇ~♬✨

お花見に行きたくなりました(ノ∇≦*)

で・・・・源太坂ってナンゾ? 富士市の史跡でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

鎌倉時代のお話になります。

史跡 源太坂 (げんたざか)

木曽義仲追討のため,源頼朝は弟の範頼・義経を大将とした六万の軍勢を鎌倉から京都に向わせました。
 
この軍勢には,頼朝の重臣である梶原源太景季が加わっていました。

源太景季は,日頃から頼朝の持っている「生食(いけづき)」という名馬をほしいと思っており,出発の際、これを願い出ましたが,許されず替わりに二番目の「磨墨(するすみ)」という名馬を拝領しました。

ところが,頼朝はこの後に出発のあいさつにきた佐々木四郎高綱に「生食」を与えてしまったのです。

そのことをこの地で知った源太景季は,頼朝の信頼が四郎高綱より薄いと感じ,ここで四郎高綱と刺し違えて死のうと待ち構えました。
この気配を知った四郎高綱は機転をきかせ,「この生食は,拝領したものでなく,盗んできたのだ」と言ってその場をおさめたといわれます。
 以来,この地は名馬「生食」と「磨墨」の馬くらべをした地として現在に知られています。